ナチュラル×インダストリアル

Renovation Catalogサインのカタログをお送りします
01
リノベーション
ナチュラル×インダストリアル
“家にまつわる手作り“が大好きなご主人が、独身の頃に挑戦した最初のDIYは、今回リノベーションが完成した新居にもよくマッチしているウッドラックでした。
ご結婚をきっかけに、リノベーションの自由度が高そうな一軒家を購入。
安心してリノベーションを任せられるデザイン工務店を探す中で、ネット検索で自宅近くの「Sign」がヒット。近所という気軽さもあり、奥様と2人で勉強会に参加してみると、社長の巽さんの人柄の良さに好感を持ち、リノベーションをお願いすることを決めたそう。

ご夫婦がPinterestで集めたアイデアコレクションを巽さんに見てもらい、リノベーションの完成イメージを描き起こしてもらったところ、そのデザイン案がとっても良かったとのこと。

デザインのポイントになりうるものは残しつつも、急すぎる階段を昇りやすいようまるごと作り直すなど、自分たちのライフスタイルに沿う形へリデザイン。
「この部分はこんな風にしたい、と僕たちがアイデアを持っていくと、巽さんなりのベストな形に落とし込んでくれて、イメージしていた以上の素敵なデザインを出してくれた。」と話すご主人。
全部で約一週間のDIY期間には、ご主人の同僚の方にも協力してもらい、床、壁、ドア、柱などを塗る作業を実施。
その他にも、巽さんお手製の大容量のシューズボックスやご夫婦で手作りした表札など、あちこちに素敵なアイデアと手作りの温かさがちりばめられています。

“ほぼ”完成したこの家をこれからも少しずつ手直しする、その楽しみがまだまだ残っているそうです。
Planning Drawing 「firstfloor」
Planning Drawing 「secondfloor」
DATA
物件名 京都市Y様邸
家族構成 ご夫婦、お子様1名
構造 木造
築年月 約38年
リノベーション完了 2017年2月
専有面積 84.45㎡
POINT.01
モルタル仕上げの玄関の土間は、ご主人のお気に入り。 通常の玄関スペースだけでなく、玄関横の客間を兼ねた和室へ、来客を靴のまま直接案内できる導線にもなっているため、かなり広めに作られています。 黒板仕上げの壁は、お子様が大きくなった時の遊び場のためとか。 水を流して掃除ができるので、清潔感を保ちやすそうなのも嬉しいですね。
POINT.02
今回のリノベーションで奥様が一番気に入っているのは、キッチン。 ダイニングからキッチンを眺めると、アイアンフレームの吊り棚とモノトーンのタイルが、スタイリッシュなのにどこか温かみのある、カフェのような雰囲気を演出しています。 シンクとコンロが別々の島になっているセパレートタイプは、作業スペースや収納スペースたっぷりで、とっても使いやすいとのこと。
POINT.03
リビングのスペースを狭くしてでも、どうしても作りたかったというウッドデッキ。 ご主人の趣味である燻製づくりや、同僚を招いてのBBQ、晴れた休日にはベンチとテーブルを出してホームピクニックをするなど、早速大活躍しているようです。 広々としたウッドデッキの外には小さな川が流れているので、水辺の様子で四季の移り変わりが楽しめそうです。
CONTACT
〒604-8262 京都市中京区油小路通り三条上る宗林町96 藤和シティホームズ1F
TEL:075-708-7601